西島です。

ちょっと昨日の事だったと思いますが、ちょうどネットビジネス仲間とも話していた内容だったので、こちらにもシェアしておきます。

 

【カシャカシャビジネス】(株式会社アイデア)とは?

カシャカシャビジネスPDF

【特定取引法に基づく表記】

販売者:株式会社アイデア

運営責任者:片桐 尚登

所在地:〒106-0045東京都港区麻布十番1-2-7ライフィネ麻布701

電話番号:03-6721-9634

メールアドレス:http://idea-instagram.net/cyan/

10月30日に消費者庁から、この「カシャカシャビジネス」に関する注意喚起がされました。

ニュースを見て知りましたが、結構大々的にやってましたね。(笑)

アフィリエイトをやっている人なら、ある程度は情報商材にたいする免疫もあるし、この程度の商材なんて、探せばいくらでも出てくるので、たいして驚きもしませんでしたが、その売上を聞いて、ちょっと驚きましたね。

ちなみにこの「カシャカシャビジネス」自体はもうすでに売られていないのですが、実は僕持っています。(笑)で、この件が話題になってから見直して見ましたが、これが実に酷い。

nisijimanisijima

まあ、クソ中のクソレベルの底辺商材ですね。

僕の場合はある程度仕事なので、こんなクソみたいな商材でも買いますが、普通にお金出した人なら、詐欺だと訴えたくなる内容なのはわかります。

ちょっとその内容のいち部を載せておきますが、これがPDFの1ページです。

カシャカシャビジネス内容

nisijimanisijima

この文字のデカさ、わかりますかね?

ちょっと数えてみたんですが、トータル100ページほどで、そのほとんどが1ページに約80文字も満たない内容。

別に文字が多ければいいと言うわけではありませんが、僕が普通に書けば1ページ500~600文字ぐらいにはなると思います。

たしかに文字がぎっしり詰まっているテキストは読みづらいと思うので、適度に改行したり、画像を入れたりするので、実際は1ページ400文字ぐらいがちょうどいいかと思いますが、それでも5倍もの差がありますからね。

普通に書けば20ページも必要ない事を、文字をデカくして、なんとかボリュームを出しているんでしょうけど、流石にここまで酷いものもなかなかありませんね。

これならアフィリエイターの無料特典の方がよっぽど内容が濃くて為になると思いますよ。

しかもこれが2万円(たしか)もしますからね。

まだ無料のオファーならわかると言うか、無料のオファーでも低レベルな内容を2万円で販売とか、逆に見習いたいと思うほど金に貪欲ですね。

これでちょっとはなんかしらのノウハウでも書かれていればよかったのですが、そういったノウハウ的な内容は一切なく、ただただ「カシャカシャビジネスは儲かる」みたいな事が書いてあって、高額なバックエンド商品の紹介がされているだけです。

「2万円払って高額商品の案内が来る」ぐらいの内容です。

カシャカシャビジネスバックエンド商品3

nisijimanisijima

まあ、普通の人からすれば詐欺かもしれませんが、この業界じゃよくある内容ではあるんですけどね。

【カシャカシャビジネス】(株式会社アイデア)に売上が凄い

今回の「カシャカシャビジネス」はオファーのときからそれなりに広告を出していたし、それなりに費用をかけていたので、そこそこは売れてはいるんだろうなと思っていましたが、ニュースで金額を聞いてちょっと驚きましたね。

ニュースでは8億円なんて金額が言われていましたが、この8億円は多分今回だけの売上ではないと思います。このグループ自体はそこまで数多くこういったオファーを出している印象はないので、年に数回こういった大ががりなオファーをだして、そのトータルの売上が8億円ぐらいでしょうか。

まあ広告を出していたと言っても、経費なんてその程度のもので、ほとんどが収入になるので、それでも凄い金額だと思いますが。

今回の「カシャカシャビジネス」だけで言うと、4,800人もの人が買っていたとの情報もあるので、

2万円×4,800人=9,600万円

その後、バックエンド商品に158万円払った人もいるみたいなので、ゆうに今回だけで1億円は売り上げているのは間違いないですね。

そこから広告費や手数料、それとこのオファーの制作費などを払ったとしても、多分7千万円ぐらいは残ったと思います。

当時は広告もうっていたので、それなりに売り上げてはいるだろうなと思っていましたが、せいぜい500人ぐらいか、良くて1,000人ぐらいかなと思っていましたが、4,800人はお見事としか言いようがありませんね。

もちろん、この商材を買って本気で稼ごうと思っていた人には笑い事じゃすまない話だし、不謹慎かもしれませんが、普通に考えてこんな商材に手をだす時点で、ちょっとどうかと思うところもあります。

nisijimanisijima

僕が見れば1秒でクソだと判断出来る内容ですからね。

楽して稼げるとか、誰でも簡単に稼げるとか、そう言った言葉に惑わされて買う方にもそれなりの責任はありますよ。

現に今回は消費者庁からの注意喚起なんて言う、中途半端な対応な訳です。

これは警察でも事件に出来ないから、消費者庁が注意喚起を促すことで、これ以上被害者を出さないように食い止める、苦肉の作でしか無いわけですね。

どんなにクソとは言えちゃんとPDFは配られているわけだし、お金と引き換えに商品(サービス)は提供されている訳なので。

これが、何も渡されてないとか、お金を持ち逃げされたとかなら詐欺として立証出来るかもしれませんが、今回の件だと間違いなく刑事責任は取れないでしょうね。

それにちゃんとサポートもしていたそうです。

まあ、サポートと言っても電話に出たり、メールのやり取り程度だと思いますが、それでも「稼がせようと努力していた」とか言える訳ですから。

情報商材なんて、いかに良い商材だと言われていても、稼げない人の方が断然多い世界なので、それを稼げないから詐欺だなんて言ってたら、この業界自体全部詐欺みたいなもんですからね。(笑)

どちらにせよ、今回のこの「カシャカシャビジネス」はクソ商材ではありますが、そうやって簡単に稼げるとか信用したやつも悪いよって感じで収まりそうな雰囲気です。

この株式会社アイデアも、こうなることはある程度予想はしていたと思うし、会社なんか元々すぐにばらして、また次の会社作って、またオファー出して、って感じで上手くやるつもりだったでしょうから。

現に株式会社アイデアは、ただ消費者庁から注意されただけで、別に捕まるわけでも無いですかね。

仕掛ける側の視点

今現在は4,800人の買い手の中から160人程度しか被害届けを出していないようなので、今回のニュースを見て、更に被害を訴える人が出て来てもおかしくないし、この騒動が更に大きくなれば、何かと理由を付けて逮捕者が出るかもしれませんが、それでも明らかに今回のケースでは、買う側よりも売る側、仕掛ける側が儲けている仕組みなのは明らかでしたね。

僕も情報商材を売る側なので、何かと仕掛ける側の人間ですが、やはり「情報商材を買っていくら稼げるかな?」なんて思考よりも、「これをどうやって売ろうかな」と言う仕掛ける側の思考になってから、目にみえて稼げる金額が変わってきましたからね。

まぁ、こういったクソみたいな商材からでも学ぼうと思えば学べる事はあるし、稼げる人はこういった商材を掴まされても、なにかと吸収したりしますからね。

nisijimanisijima

とは言っても、流石に今回の「カシャカシャビジネス」はクソすぎるので、ここまで行くと何も吸収出来ないかもしれませんが…。

僕のサイトでは、基本的に全て僕が実践しているものだけオススメしているので、なにか分からない事があればいつでも遠慮なく相談して下さい。

それでは西島でした。^^

気軽にお問い合わせ下さい

  • ネットビジネスは難しそう
  • 何をやればいいかわからない
  • そもそもこの業界が怪しい

などなど、悩み・質問・相談、気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちら

特典付き無料メールマガジン


現在特典付きで、無料メールマガジン配信中!
いつでも解約出来るので、気軽に登録して下さい。

mail-magazine

↑クリックすると、特典紹介ページに移ります。