西島です。

テンプレートをカスタマイズする際は、基本的には子テーマを編集していますが、どうしても親テーマに変更を加えるカスタマイズも出てきます。実はこないだも、なんはかんやと親テーマの「function.php」を編集していたら…

nisijimanisijima

画面が真っ白!!!

流石に焦りましたが、こんな時に役立つのがバックアップ機能。

僕は今まで「BackWPup」と言う、かなり有名なプラグインを使っていましたが、今回実際にサイトを復元する際に、ちょっと大変だなと感じました。

しかも、「BackWPup」は、たまにエラーが表示される事もあったので、正直ちょっと心配していましたが、実際に復元することってそう頻繁にあることじゃ無いし、「どうにかなるだろ」ぐらいに考えていましたが、今回の一件で再度バックアップの重要性を感じました。

そこで色々と調べてみると「BackWPup」よりも、便利で使いやすそうな「UpdraftPlus」と言うバックアッププラグインがあったので、今回「BackWPup」から「UpdraftPlus」と言うプラグインに乗り換えて行きたいと思います。

「UpdraftPlus」の設定方法

WordPressの管理画面から、「プラグイン」→「新規追加」→検索窓に「UpdraftPlus」→すぐに出てくるのでインストール→有効

UpdraftPlus有効化

有効化出来たら、設定→「UpdraftPlus Bacup」から、設定画面へ進みます。

UpdraftPlus設定画面へ進む

現在の状態

基本操作としては、現在の状態から「今すぐバックアップ」をクリックすると、すぐにバックアップを取り始めてくれます。

UpdraftPlus今すぐバックアップ

出てくるポップアップも「今すぐバックアップ」をクリック。

UpdraftPlus今すぐバックアップ

すると「バックアップ済み」にバックアップされたファイルが並びます。

UpdraftPlus新しく出来たバックアップ

nisijimanisijima

今まで、何故「UpdraftPlus」を使わなかったのか、悔やまれるくらいシンプルで簡単にバックアップを取ってくれます。

これで簡単にバックアップされる事がわかったので、設定から基本設定をしてしまいましょう。

設定

ここでは「バックアップスケジュール」と「保存先」を設定していきます。ちなみに、WordPressは「ファイル」と「データベース」と言う2種類から構成されています。

・ファイル
パソコンの中にもあるファイルと同じようなテキストファイルにプログラムなどの情報が書いてあるもので、FTPというサーバからファイルを取得するツールを使ってダウンロードが可能なもの

・データベース
ファイルと違って、MySQLというデータを管理するシステムによって管理されている投稿データなどのデータの固まりで、FTPというツールではダウンロードできない特殊な形式のデータ

引用元:フォルダ構成・データベース構成解説

ファイル 画像、テーマ、プラグインなどサイトを表示させる要素
データベース 記事、カテゴリー、タグなどのコンテンツ要素

ザックリ言うとこんな感じ。

nisijimanisijima

どちらも大事なので、深く考えずに両方バックアップをとりましょう。
まぁ、深く考えても両方バックアップをとりますが…。

「ファイル」、「データベース」共に

  • 手動
  • 4時間ごと
  • 8時間ごと
  • 12時間ごと
  • 1日ごと
  • 1週間ごと
  • 2週間ごと

と、細かく設定出来るので、任意のスケジュールを決めて下さい。

例えば、毎日更新するなら「毎日」バックアップ。週に1度しか更新しないなら「1週間ごと」など。

チェック

・「毎日」など頻繁に設定すると、不具合に気づかずに何週間もたってしまった場合、戻りたくても戻れない状況にもなりかねないので、期間は1週間から1ヶ月程度がいいと思います。

nisijimanisijima

あくまで、何かあった時の為なので。

その後の、「この多くのスケジュールされたバックアップを保持」と言う、よくわからない日本語ですが、これは「何個バックアップを残しますか?」ということ。

UpdraftPlusバックアップ設定

デフォルトでは「2」になっていますが、これは2個バックアップが保存されると言うこと。その後は新しくバックアップを取ったら、古い順に消されていきます。

nisijimanisijima

この数字を増やせばより多くのバックアップが取れますが、保存先の容量を消費してしまうので、ほどほどに。

チェック

・バックアップから復元が必要になる場合は、サイトの引っ越しやカスタマイズなど、ある程度サイトに手を加える場合がほとんどだと思います。その場合は、変更前に手動でバックアップを取るなど対策をとりましょう。

ちなみに僕の場合は「2週間ごと」で、バックアップ数は余裕を見て「3」にしています。

UpdraftPlusバックアップ設定

存先の設定

「UpdraftPlus」では、保存先の選択肢が多数用意されています。今回僕は普段から頻繁に使っているDropboxを保存先にしていきます。

まずはDropboxを選択

UpdraftPlus保存先の設定

一番下の「変更保存」をクリック

UpdraftPlus設定を変更

ちなみに、「メールアドレス」にチェックを入れると、WordPressに登録しているメールアドレス宛に、「UpdraftPlus」がバックアップを作成するとメールでお知らせしてくれるので、バックアップ状況を知りたい人はチェックを入れておきましょう。

出て来るポップアップの真ん中あたりに書かれている英語をクリック。

UpdraftPlus外部ストレージとの連携

ここからはDropboxと「UpdraftPlus」を連携させていく作業になります。

まずはDropboxのアクセスを許可しましょう。

UpdraftPlusとドロップボックを紐付け

その後はすでにDropboxを使っていれば、メールアドレスとパスワードを入力。基本的には、その他のデバイスでも一緒です。後は「完全なセットアップ」をクリックすれば、保存先がDropboxに設定され、「UpdraftPlus」の画面に戻ります。

ドロップボックの設定完了

バックアップ済み

ここまで設定出来れば、後は基本的にプラグインが自動でバックアップを取ってくれるので、後は「バックアップ済み」からバックアップ状況の確認や復元作業がほとんどです。

今回、僕の場合は保存作をDropboxに指定したので、ちゃんとDropboxに保存されると保存されたデータにアイコンが付きます。

UpdraftPlus保存先の確認

一応ドロップボック側も確認しましたが、ちゃんと保存されていました。

UpdraftPlusバックアップの確認

「UpdraftPlus」復元方法

実際に復元する際は、「復元」をクリック。

UpdraftPlus復元方法

出て来るポップの復元したい対象にチェックして、後は「復元」をクリックするだけです。

UpdraftPlus復元方法

この時、復元したい対象が決まっていれば、ピンポイントでも復元も可能です。例えば「テーマの編集中にサイトが表示されなくなった」など、復元したい対象が決まっている場合は、テーマのみ復元すれば、復元の処理速度が早くなります。

nisijimanisijima

もしわからな場合や、不安な場合は、全てチェックで、まるっと復元してしまいましょう。

まとめ

今回はWordPressのバックアップ用プラグインでおすすめ出来る「UpdraftPlus Bacup」を紹介しました。僕は普段Macを使っていますが、Macのバックアップ「タイムマシーン」と同じ感覚でWordPressもバックアップしてくれます。

  • 自動バックアップ
  • 「ファイル」「データベース」共にバックアップ
  • 外部ストレージに保存可能
  • 復元が簡単
  • 無料
nisijimanisijima

最高ー!

僕はエックスサーバーを使っていますが、エックスサーバーも自動でバックアップしてくれています。ですがエックスサーバーの場合は、復元するのにかなりの金額がかかります。

エックスサーバーバックアップ金額

どうしてもサイトを復活させたい場合には、やもえないと思いますが、「UpdraftPlus Bacup」を使えば無料で安全な外部クラウドサービスに保存出来るので、使わないほうがもったいないほど。

nisijimanisijima

もちろん何のトラブルもなく使用しないことを願いたものですが。

ですがサイト運営していれば、何かとトラブルはつきものなので、バックアップを取って損なんて事は無いので、面倒くさがらずに設定しておきましょう。

それでは、西島でした。^^

気軽にお問い合わせ下さい

  • ネットビジネスは難しそう
  • 何をやればいいかわからない
  • そもそもこの業界が怪しい

などなど、悩み・質問・相談、気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちら

特典付き無料メールマガジン


現在特典付きで、無料メールマガジン配信中!
いつでも解約出来るので、気軽に登録して下さい。

mail-magazine

↑クリックすると、特典紹介ページに移ります。