西島です。

前回はMacを使ってWordPressに賢威7をインストールする方法をまとめてみまし。

MacでWPに賢威7を導入する方法

その際テンプレートでデザインなどを変更する場合、cssをカスタマイズしますが、アップデートの多い賢威などでは、やはり子テーマを編集しておいた方が安心だと思います。

今回はMacでWPに賢威7の子テーマを導入する方法をまとめて見たいと思います。

子テーマってなに?

そもそも子テーマってなに?

「親テーマ」に紐付けされた子テーマを使う事で、親テーマを直接変更せずに、子テーマからデザインなどの変更が出来るようになります。
子テーマを使うことで、「親テーマ」がアップデートされてもカスタマイズした内容が失われずに済みます。

基本的には親テーマの情報がテンプレート上に反映されますが、子テーマを通る事で、子テーマの情報が優先されてテンプレートに反映される…と思っていいと思います。

(厳密に言えば違がいますが、そこまで意識することもないと思います。)

賢威7子テーマ1

なのでアップデートなどで親テーマの情報が書き換わっても、いままで変更した情報は失われずアップデート出来る事になります。

賢威7子テーマ2

子テーマを使わずに親テーマの情報を書き換えた場合、アップデートなど親テーマの情報が全て初期設定に戻り、今まで変更してきた情報が全て水の泡に。

賢威7親テーマ1

賢威7親テーマ2

アップデートのたびにcssを書き換えたりするのは面倒ですよね…。

賢威7子テーマのインストール方法

今回はすでに親テーマが入っている前提で、子テーマのみインストールしていきます。

親テーマのインストールについて知りてい方は、こちらを参考にして下さい。

「賢威7WP版子テーマ」をクリック

「子テーマのダウンロード」をクリック

これでダウンロードフォルダに賢威7の子テーマがダウンロードされていると思います。

この「keni70_child」と書いているファイルです。

(今回は「keni70_child_2 」と書いてありますが、このMacにはすでに他のサイトで使用している子テーマがダウンロードされていたので「2」と言う数字がついています。)

この「keni70_child」をダブルクリック。

さらにその中にある「style.css」と書いてあるファイルをダブルクリック。

するとお使いのテキストエディタが開き、このように表示されると思います。

ここに親テーマの情報を書き込み、親テーマと子テーマを関連付けていきます。

手っ取り早いのは、親テーマのファイル名の「keni70_wp」以降の文字をコピー。

それを先程のテキストエディタの3行目にある、「Template:keni70_wp」以降に貼り付け。

これでこの親テーマとこの子テーマが“親子である”ということになりました。

これを書き込めば、テキストエディタは閉じてしまって大丈夫です。

フォルダに戻って「keni70_child」を右クリック。圧縮。

.zipファイルにすれば後は親テーマと同じです。

MacでWPに賢威7を導入する方法

WPダッシュボードで外観→テーマ→新規追加→テーマのアップロード→ファイルの選択→今すぐインストール→有効化

これで全ての設定は完了です。

まとめ

今回は、MacでWordPressに賢威7を設定する方法をまとめてみまして。

こちらの子テーマをカスタマイズすることで、自分のオリジナルサイトが出来、親テーマをアップデートしてもカスタマイズが変更される事はなくなりました。

それでもアップデートの際や、子テーマをカスタマイズするさいには、こまめにバックアップを取る事をオススメします。

ではでは、西島でした。

気軽にお問い合わせ下さい

  • ネットビジネスは難しそう
  • 何をやればいいかわからない
  • そもそもこの業界が怪しい

などなど、悩み・質問・相談、気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちら

特典付き無料メールマガジン


現在特典付きで、無料メールマガジン配信中!
いつでも解約出来るので、気軽に登録して下さい。

mail-magazine

↑クリックすると、特典紹介ページに移ります。