西島です。

今回は頂いた質問の中で「外注化をはじめてみたけど、なかなか応募がありません」と言う、結構具体的な質問を頂いたので、こちらに記事として、その対策を書いてみたいと思います。

外注化もある程度のスキルのようなモノなどで、こればっかりは経験してみないと分からない事もありますが、僕なりに外注さんに仕事を依頼をする時に、意識していることをまとめてみました。

プロフィールの変更

まずは外注さんを募集する前に、プロフィール設定を行います。

何も設定していないプロフィールでは、ちょっと募集しづらいですよね。なるべくプロフィールは人となりがわかるように工夫したり、質問し易い環境を整えておくと、募集率が目に見えて高くなります。

nisijimanisijima

面倒くさがらずに必ず設定しましょう。

1.ユーザー名を変える

ユーザー名は、募集文の中でも目立つ部分なので、しっかり設定しておきましょう。

なにもいじっていない状態だとメールアドレスの一部がユーザー名となりますが、それだと不自然なので自然な形にユーザー名を変えておきましょう。

nisijimanisijima

自然な形であればなんでもいいので、適切なハンドルネームでOKです。

2.プロフィール画像の設定

クラウドワークスの場合、登録したての時はプロフィール画像がウサギのアイコンに設定されています。

プロフィール画像は、募集をかけた際に大きく表示される部分なので、ここはしっかり設定しておきましょう。

nisijimanisijima

基本的にはなんでもOKですが、仕事をイメージさせるような画像に設定しておくのが無難です。

3.プロフィールの詳細情報の入力

ライターさんは初めて応募をする際、クライアントの細かい情報までしっかり目を通しています。

なので、プロフィールもなるべく細かく設定しておいたほうがいいです。

class=”m-b-0″入力すべき項目は、

  • 基本情報
  • 会社情報

の2つの項目になります。

基本情報は、先ほどお伝えした「ユーザー名」や「プロフィール画像」を変更する項目になります。ユーザー名やプロフィール画像を変更したい場合は、基本情報を選んで変更してください。

会社でなく個人の場合でも「会社情報」を記入することができるので、そちらも設定しておきましょう。「会社概要」という形で記入することができるので、自分がやっている「アフィリエイター」としての仕事内容を記載しておけばOKです。

4.本人確認提出書類の提出

ここは結構大事なポイントです。

本人確認提出書類を提出しておくと、プロフィールが表示された際に「本人確認済」と表示されます。この表示があることで、信用度が高まりますので、募集率を高めることができます。

nisijimanisijima

運転免許証や保険証などの身分証明書の写真を送るだけでいいので、こちらも設定しておく事をオススメします。

文字数と単価を決める

外注さんに仕事を依頼する時に一番大きなポイントが、文字数と単価です。

当然の事ですが、単価を高く設定すれば募集は多くなります。

逆に文字数は、少なく設定すれば募集は多くなります。

どの程度の文字数でお願いするか

まずは募集をかける際に何文字以上と指定します。

この文字数にかんしては、自分の狙っているジャンルによって何文字でお願いするのか変わってきますが、目安としてはいつも自分が書いている文字数程度が判断し易いと思います。

僕は基本的に2,000文字以上を目指してもらいますが、2,000文字以上であまり募集がない場合は1,500文字以上でお願いしています。

でも、1,500文字以上でお願いしても、1500文字ギリギリの人もいれば、3,000文字近く書いてくれる人もいるので、やはり外注化はどれだけ良い外注さんに出会えるかが鍵となってきます。

いくらぐらいの単価でお願いするか

僕の場合だと、トレンドブログなどのそこまで記事の質にこだわらない、記事量産型のサイトなら、2,000文字500円ぐらいからスタートし、募集が無ければ100円づつ切り上げて行く形を取っています。

もっと専門性の高い、ライバルの強いジャンルだと、2,000文字では相手にならないので、3,000文字以上でお願いしますが、やはり3,000文字以上になると、極端に募集も減るし、それなりに単価も高くなります。

だからと言って記事の質が良くなるかというとそうでもないので、その辺りの見極めはしっかりやりましょう。

逆に「あまり自身が無い」と言って、2,000文字300円ぐらいで書いてくれていた外注さんもいましたが、めちゃくちゃクオリティーが高くて驚いた事もあります。

そういった良い外注さんに出会えた場合は、躊躇なく単価を上げていき、長期的にお付き合い出来るようにしていきます。

裏技

ここでちょっとした小ネタを、

例えば6,000文字ぐらい欲しい記事の時に、6,000文字で募集しても応募が少ないし単価も1,500円とか2,000円ぐらいまで高くなる事もあります。

そんな時は6,000文字いくらと出すよりは、その記事を半分にして3,000文字500円×2として分画して発注した方が募集も多いし単価も下がります。

その後納品された記事を自分でつなぎ合わせて1記事にすれば、何千文字の記事でもある程度のスピードと安い単価で仕上げる事が出来ます。

募集時間を意識する

結構やりがちなミスなんですが、募集をかけると新着順で募集内容が表示されます。

なので誰も見ていない深夜に募集をかけても、誰にも見られず古い情報として流れて行ってしまします。

そこで一番見ている人が多い時間に募集をかけた方が、募集率は高くなります。

僕の場合は12時少し前を狙います。

基本的に主婦層を狙うことが多いのですが、主婦の場合は昼間の時間帯の方が比較的集まる傾向にあるし、お昼休みのサラリーマンやOLさんも昼休みにチェックすることが多いので、12時頃が募集をかけるゴールデンタイムだと思っています。

逆にギャンブル系や少しアダルト系の記事をお願いする時には夜の方が比較的募集率は高いと思います。

nisijimanisijima

この辺りはあくまでも感覚的な部分と運もあるので一概には言えませんが…。

まとめ

  • プロフィールは必ず設定しておく
  • 文字数と単価を決める
  • 募集するのはお昼ごろがオススメ

外注化は相手がいることなので、全て上手く行く事はありませんが、なかには凄くいい外注さんに出会える事もあるので、柔軟に対応しなが取り組んで行きましょう。

僕は良い外注さんに出会えた時は、単価も上げるしある程度記事も任せてしまします。

とりあえず30記事分ぐらい契約して「後はお願いします」みたいな(笑)

あくまでもお互いがWin-Winな関係になれるように心がけながら取り組んで行くことで、外注さんも成長していくし、自分自身も成長出来るので、個人的には外注化はオススメです。

それでは、西島でした。^^

気軽にお問い合わせ下さい

  • ネットビジネスは難しそう
  • 何をやればいいかわからない
  • そもそもこの業界が怪しい

などなど、悩み・質問・相談、気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちら

特典付き無料メールマガジン


現在特典付きで、無料メールマガジン配信中!
いつでも解約出来るので、気軽に登録して下さい。

mail-magazine

↑クリックすると、特典紹介ページに移ります。