西島です。

いつも購読有難うございます。

つい先日短縮URLサービス【p.tl(ピードットティーエル)】のサービスが9月29日正午に終了すると報じられました。

p.tl(ピードットティーエル)サイトトップページ

に発行したURL約888万件がリンク切れになります。

この発表を聞いたのが9月19日なので、10日間ほどでのサービス停止と聞いて、ちょっと驚きましたが、2014年5月4日からは新規生成を停止していたようです。さらには発行済みURLの99%以上でアクセスが発生しておらず、すでにリンク切れも多数あることから、被害や影響はそれほどなさそうですね。

ただこのサービスを終了した理由は、この短縮URLサービスを利用して生成されたULRが、スパムメールやフィッシング詐欺に使われていた為だと言うこと。一部の悪質な詐欺業者やハッカーなどが、こういった無料の短縮URLサイトを利用して作ったURLで詐欺まがいの行為を行ったいた、それに利用されていた為に今回サービスを終了することにしたと言う。

これはサービスの提供者としての、不正サイトへの誘導などの悪用を防ぐ為にもサービスを終了する判断を下した事になります。

無料短縮URLサービスの危険性

今回の【p.tl】は2014年からすでに短縮URLの新規生成を中止していたので、あまり使っている人はいないと思いますが、有名な所では

  • Google URL Shortener

    Googleの提供する短縮URLサービス
    Chromeの拡張機能から使えるので使いが手はいい


  • Bitly

    世界的に一番人気の短縮URLサービス
    利用者数が多い事もあり、安心度は高い


  • URX.NU

    日本語で検索すると一番最初に出てくる短縮URLサービス
    動作も快適で、何より日本語なので使いやすい

この他にも「tinyURL」など多数の短縮URLサービスがあります。

これらは日本での利用者も多く、これらのサイトで作られた短縮URLを見ることもあると思いますが、(普通の人は気にしないかな…。)大手だからといって、安心出来るとも限りません。

グーグルの提供していたRSSリーダーの「グーグルリーダー」が終了したり(2013年7月1日サービス終了)、今まで無料で使えていたgooメールが有料版のみにになり無料版が使えなくなったり(2014年3月10日サービス終了)、大手といえどもいきなりサービスが終了することもあります。

また今回の「p.tl」の短縮URLサービス終了の理由が、「不正サイトへの誘導などの悪用を防ぐ為」にということで、今後無料短縮URLサービスを使った悪質な詐欺行為などに、何らかの歯止めをかけようという流れになれば、大手短縮URLサービスと言えどもサービス停止をすすめて行く可能性もあります。

アフィリエイターはURLが命

ここで「別に短縮URLとか関係なくね?」と思っている人もいると思いますが、アフィリエイターにとっては重要な事です。そもそもアフィリエイターは、“URLを踏んで貰うことが仕事”と言ってもいいわけです。

これはバナーリンクでも、文字リンクでも同じですが、

  1. いかに売りたい商品を魅力的に紹介して
  2. いかに商品の販売ページに誘導するか

がアフィリエイターの仕事です。

その全てがURLからの移動になります。

また「短縮URL自体いらないんじゃないのか?」と言った疑問もありますが、明らかなアフィリエイトリンクだと、クリックしてくれない人もいたり、Twitterなど140文字以内と言う規制があるので、アフィリエイターなら使って損はないツールな訳です。

nisijimanisijima

って、言ってますが…このサイトでは短縮URL使ってませんね!すっかり忘れてました…。

こういうことってついつい面倒くさかったり忘れがちなんですが、後で大変な思いをするのは自分なので、細かい事まで意識していかないといけませんね。

ちなみに僕は【LinkShaker(リンクシェイカー)】と言う短縮URLツールを使っています。

リンクシェーカー公式サイト

有料で7,800円しますが、アフィリエイターなら持っていて損のないツールです。

nisijimanisijima

でも、使わなければ意味無いですね。

くれぐれも皆さんは忘れないように。

それでは、西島でした。^^

気軽にお問い合わせ下さい

  • ネットビジネスは難しそう
  • 何をやればいいかわからない
  • そもそもこの業界が怪しい

などなど、悩み・質問・相談、気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちら

特典付き無料メールマガジン


現在特典付きで、無料メールマガジン配信中!
いつでも解約出来るので、気軽に登録して下さい。

mail-magazine

↑クリックすると、特典紹介ページに移ります。