西島です。

今回は記事の文字数について、いくつか質問というか目安などを聞かれる事があるので、アフィリエイトの記事の文字数について考えてみたいと思います。

記事の文字数は考える?

僕がアフィリエイトを始めた頃は、1000文字にみたない記事を投稿するのに6時間とかかかっていたぐらい、記事作成が苦手です。

その当時は無料ブログでトレンドアフィリみたいな事をやっていたと思いますが、一応1,000文字程度を目指していました。これは昔買った何かの教材に1,000文字程度と書かれていたのを鵜呑みにして書いていましたが、今でも2,000文字程度などと一般的には言われています。

しかし、本来は記事の文字数なんて考える必要はないわけです。

だってブログは書きたいこと、言いたいことを文字にする訳なので、その人が自分の伝えたい内容を伝えられる文章量が理想の文字数になるはずです。

なので本来は“文字数なんて気にすることはない”というのが理想です。

アフィリエイトをする上での文字数は?

上記はあくまでも理想ですが、アフィリエイターの場合は、ある程度狙って上位表示させなければいけないので、計画的に文字数を調整する方が稼げるのは事実です。そこで一時期言われていたのが「記事の文字数は多いほうがいい」

僕がアフィリエイトを始めた頃は、文字数が多い方が上位表示されると言う事が言われていたので、1記事最低3,000文字程度を目指していました。

nisijimanisijima

これがぞくに言う文字数至上主義です。

ですが、そこまでの文字数を書いていなくても上位表示されているサイトも普通にあります。

そういったサイトのほとんどが、

  • 価値のある事が書かれたサイト
  • 趣味のサイト
  • 運用歴が長く定期的に更新している

などなど、あると思います。

こういったサイトの多くが、お金儲けの事を考えていないサイトがほとんど。別に記事の文字数なんて気にしません。だって自分の言いたいこと・必要なことを言うだけですから。

別に上位表示を狙わず、必要なことを書くというのがまず前提になります。

じゃあなぜ記事の文字数が多いと上位表示されるかというと、サイトの評価をしているGoogleのロボットが、ある程度文字数が多いほうが価値のあるサイトだと判断する可能性があるからです。


文字数が多いサイト

文字数が多いサイト

Google先生Google先生

充実したコンテンツなんじゃね?


文字数が少ないサイト

文字数が少ないサイト

Google先生Google先生

中身のないコンテンツなんじゃね?


nisijimanisijima

多分Google先生はこう考えておられた。

理想の文字数は?

理想の文字数を考えると、これは個々の条件で違ってきます。

例えばライバルが強いジャンルの場合は、3,000文字だろうが5,000文字だろうが上位表示されないし、ライバルが弱いジャンルの場合は、500文字程度でも上位表示されます。

なので“あまり文字数だけにこだわる必要は無い”と言うことです。

しかし、そうは言ってもある程度のサイトを作りたいと思えば、記事の文字数もSEO的に大事な部分であることは間違いありません。そこでだいたいの目安となる文字数は3,000文字。これはあくまでも目安ですが、僕も1つの指針にしています。

逆に5,000文字以上になる場合は、記事を2つに分けるなどして調整しています。サイトのテーマによっても違いますが、あまり読み疲れや、読み空きない程度で記事が終わるほうがいいと思います。

チェック

・読んでいて「満足出来るけどもうちょっと読みたいな」みたいな感じが理想です。

nisijimanisijima

あくまで理想なので、そう上手くはいきませんが…。

文字数が多い事のデメリットについても考える

今までは文字数が多ければいいと言う風潮もありましたが、これはあくまでも記事の内容がユーザーの求めている情報であるということが大前提にあります。

これがもし興味のない内容や、読んでいて面白くない内容ならば、最後まで読まずにページを離れてしまいます。これは「完読率」にも関係する事ですが、どんな記事でも最後まで読んで貰わないと、記事の内容が伝えきれません。これでは本末転倒です。

また、文字数が多ければ多いほど読む時間がかかるので「滞在時間」が長くなると考えられますが、これもつまらない記事ならすぐにページを閉じられて「滞在時間」は短くなります。さらには「PV数」も同じで、つまらない記事なら、他の記事を読みたいと思わないので次のページに行かず「PV数」も伸びません。

別に「PV数」が多ければいいと言うものでもありませんが、やはりより多くの記事を読まれた方が何かとメリットは多くなります。

チェック

・逆に文字数が少なくても、役に立つ情報だったり、面白い内容なら次のページを読んでくれる可能性もあるので「完読率」「滞在時間」「PV数」など、プラスになる事もあるでしょう。

(あくまでも上位表示されて記事が読まれればの話ですが。)

まとめ

結局は記事の質や量に、決まった基準はありません。

経験値的な事から色々な情報がありますが、あくまでも人の役に立つユーザー目線の情報を提供していれば、Googleからペナルティーを受ける事もないし、人に迷惑をかける事もありません。

あくまでも記事の質(中身)が重要であり、文字数はおまけみたいなものだと考えて、考えすぎない方がいいって事ですね。

それでは、西島でした。^^

気軽にお問い合わせ下さい

  • ネットビジネスは難しそう
  • 何をやればいいかわからない
  • そもそもこの業界が怪しい

などなど、悩み・質問・相談、気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちら

特典付き無料メールマガジン


現在特典付きで、無料メールマガジン配信中!
いつでも解約出来るので、気軽に登録して下さい。

mail-magazine

↑クリックすると、特典紹介ページに移ります。